着物が世界へ! ニューヨーク・ファッションウィーク

とっても嬉しいニュース!

2月16日、ニューヨークで、世界4大ファッションショーに数えられる「ニューヨーク・ファッションウイーク」で、着物のファッションショーが開催されたとの事。

これは、京都府の職人らの手による着物を集めたショーで、11の着物関連業者で作っているNPO法人「きものアルチザン京都」と、アメリカで活躍している着物デザイナーの浅井広海さんとが協力して実現したショー。
NY=kimono 2016-02-19 08.41.51

この「ニューヨーク・ファッションウィーク」で本格的な着物のショーが開催されるのは初めてとの事で、喝采を浴びたらしい。

業界による着物の海外展開戦略の一環だとか。

本当に着物は素晴らしいので、ニューヨーカーはビックリしたと思う。

何といっても色彩の豊かさ、そして柄、織。そして、これらをベースにした「コーディネート」。

今回はショーだという事で「魅せ方」に重点を置いたと思うけれど、普段では「相手」の立場や、「季節」などに合わせてコーディネートする奥深さ。

まあ。。。これが現代人には難しいのだけど。

モデル達はどう思ったかしら?

さぞ「紐、紐」の連続にビックリしたのでは?と。でも、洋服とはまた違うコーディネートにエキサイティングしたと思う。

海外展開の一環という事で、ぜひ着物の素晴らしさを全世界に。。。と思うと同時に、我々日本人が「普段の生活で何気なく、当たり前のように」着物を着る事が出来るようになれば。。。と本気で思う。

この事は土日の休日だけでなく、着物で出勤が普通という事を含むのだけど。

別に違反じゃないはず。こういう事を認めてもらえる会社がむしろ増える事の活動の輪が広がればと願う。

いや、これは私も以前から考えているので何かやってみたいと思う。

NPO法人 きものアルチザン京都

着物を未来へ–ニューヨークファッションウィークへの挑戦Facebook

一緒に拉致問題・特定失踪者について考えよう!
愛する人が突然居なくなったらどうしますか? 自分の事のように考えてみてください。
救う会のHP
特定失踪者調査会のHP

関連記事

雨ゴート? とにかく斬新すぎるデザイン!

着物屋による超着物初心者のために「着物セミナー」を開いてほ欲しい

着物好きにおすすめ!大久保信子さん監修「着物の事典」

平成中村座の思い出。「法界坊」

後悔!もっと振袖着を着ておけば良かった・・・

【慰安婦問題】日韓合意は微妙。10億円は慰安婦像撤去が条件で!